【BTCFX戦略ノート】値動きだけで読む、合理性最大の次なる一手【ミラーリング相場での戦い方】

【BTCFX戦略ノート】値動きだけで読む、合理性最大の次なる一手【ミラーリング相場での戦い方】

一夜にして75万円から85万円まで一気に急騰したビットコイン相場。
久しくみる暴騰で大きな利益を得た人、また利益機会を逃した人、共に心が落ち着かないという方は多くいらっしゃるかと思います。

例えば、利益を得た方は「次どこで追随しよう..」
機会を逃した方は「今買わないとチャンスを逃すんじゃないのか..」

こんな心理状態で相場に近づくのは本当に危険です。
何も焦る必要が無いことを現役トレーダーである私、御堂が徹底解説致します。

まず現状の相場環境を認識しよう(マクロ視点)

ビットコインのボラティリティ(価格変動幅)の推移


※クリックで拡大

縦軸を描き、ボラティリティの違いを分かりやすく描写しましたが、ビットコインは2017年11月からのバブル相場形成・崩壊の後、時の経過と共にボラティリティが小さくなっている事が解ります。

バブル形成の当時や、崩壊後すぐの値動きを今すぐ妄想してはいけないといえるのは当然だが、このボラ縮小を単に「暴落で投資家心理が傷つき、取引量が少ないから」という一言で済ませるのは安易すぎる。

相場の本質から考えれば要因はそれだけではありません。

相場というのは買いと売りのポジション比率がどちらかに偏り過ぎている時ほど、ボラティリティを縮小し、新規注文が入りづらい面倒な相場を形成する生き物。

次また本格的に動き出すには、偏りきった既存のポジションに解消の動きがみえなければならない。これが相場の原理原則。

つまり、今回のビットコイン相場でいえば大局明確な上昇トレンドを形成してきたわけですから、買いにポジションが偏り過ぎている事も一つの要因なのではないか、というお話です。

偏ったポジションが解消されるためには?


※クリックで拡大

多くの投資家が一斉に既存の買いポジションを解消する為には、投資家が無意識的に意識をする重要な節目(ここを割ったらもう決済!と多くの投資家が考える水準)まで価格が落とすか、長い間時間的な保ち合いを繰り返し徐々に投資家のポジションを解消を待つかの2択。

では、その投資家が無意識的に意識する節目とはどこなのか?

それは過去のチャートから振り返れば解る。

投資家は、過去に何度も支持されている強力なサポート領域を節目として意識する。
恐らくその節目となる水準はバブル崩壊後、暴落中に大きく買いが入った安値65万円だろう。
(画像の赤ライン)

この水準を深堀る際、具体的にどういった値動きをし、結果どのように上昇トレンドに転換していくか、想像もつかない方は以下の動画をご参照ください。

値動きだけで即興分析!ビットコインの長期的値動きの見通し(36分40秒~)
過去の「バブル相場形成⇒崩壊⇒復活」歴史から学ぶBTCの転換点(日経225、原油、個別銘柄、XEMを用いて解説)(42分00秒~)

とりあえず長期的にはポジション解消が見られない限り上がりづらく、短期的には過去のボラティリティを妄信してはいけない事を把握したうえでトレードする必要があります。

18年5月5日を起点に下落トレンド入りしてからの値動きの推移

ざっくりですが、この画像を見て頂ければ解るように、下落トレンドの初期段階では「18万円落として8万円反発する」という一定のトレンドサイクルを継続してきたビットコイン相場。

それが下に行くにつれ徐々に下落幅を失速させ、遂には「10万円落として10万円反発する」という下落幅を全て打ち消す動きに変化してきた。

つまり、依然下落トレンドの範疇ではあるものの、新規売り注文よりも、断続的に買いが入りやすい相場環境に切り替わりつつあることがいえる。

今まではこのような動きは見られなかった。

中長期目線での追随売りを仕掛けるのは避けるべき相場環境であることを認識しよう。

直近の相場状況を認識しよう(ミクロ視点)

日足

日足で見ると、直近では6月26日を中心として左右対称な、左側を右側にミラーリングしたような逆三尊に近い転換点を形成し、ネックラインとなる75万円を一気に上抜けた事がわかる。

ここ最近の下落トレンドでは観られなかった上昇圧力に、心が落ち着かない方は多いかと思いますが、今すぐ追随買いをするのは本当に危険です。

この逆三尊に近い形が形成される前から、6月26日を中心として左右対称になる事は動画でお伝えしていたが、

このようなミラーリングチャートにおいてトレード戦略を練るうえで指標になるのが「左側」

左右対称になるという事は左側と似たような動きが右側でも現れるということ。

つまり、直近では85万円近辺(青く描写している領域)はかなり売りの厚い領域であり、
逆に77万円近辺(赤く描写している領域)はかなり買いの厚い領域であることがうかがえる。

現に一度85万円を付けた際に大きく上髭をつけており、一定の売りが生じた兆候が現れている。

これが今すぐ追随買いを仕掛けるのが危険な理由。

寧ろトレーダーとしては、この水準から調整下落を狙った方が余程リスクを限定化して戦える。
勿論、マクロ環境でもお伝えしたように、これまで以上に買いの入りやすい相場環境である為、中長期での下落を狙うのではなく、直近底で買いの厚い領域(77万円近辺)までの短期的調整を狙っていく。

これが相場の合理的解釈。

4時間足

逆三尊に近い転換点の左肩と右肩に注目をしてほしい。

左肩の高値に対し、右肩の高値が切り下がっているタイプの逆三尊。
これは持続性ある上昇を形成する優位性が低い事が多い。

更に右肩の調整安値(画像の赤い描写)に注目をしてほしい。

逆三尊のネックライン(高値)にへばりつく動き無く、調整安値から一気にネックラインを上抜けている事がわかる。

この一気に調整安値から急伸するタイプの逆三尊もまた、一度急騰前水準まで調整しないと次上げるにしても上がらない傾向が多く見受けられる。

【実例】EURUSD 4時間足 逆三尊失敗パターン

右肩下がり逆三尊×調整安値から急騰タイプの逆三尊

これにより更に短期的な調整下落を取っていける蓋然性が高まった。

ゆえに短期トレード戦略としては、85万円近辺→77万円近辺を狙った売り場を探した方がリスクも限定的で、且つ効率よく戦う為の今考えられる最大の戦略であると考える。

もちろん、これまで以上に地合いが強い中での逆張りとなる為、ある程度含み益が出た時点でロスカットラインはエントリーラインと同値に設定し、いつ踏みあげられても最悪トントンで抜けられるよう戦いながら守るに徹する必要がある。

これ以上調整なく上がった場合は上げ幅限定的な相場が想定されるため、継続して売り場を探る。

以上が、私が今考えられる合理性最大の短期トレード戦略だ。